プログラマのコーディングの個性と適性

プログラマとしての論理的な考え方やコーディングの行い方の基礎を学んできた人には、IT業界で活躍する道が切り開かれます。
概して個性が強い職業であることから、その個性もコーディングに大きな影響を及ぼします。
また、プログラミングによって開発に携わる人員として、どういった人材が要求されているかは職場によって異なることから、これらが適切にマッチすることが仕事先を決める上では重要な点です。

コーディングには個性があって他人が改変するのが難しいということが多い一方で、誰にでもわかりやすいようにコーディングができるように技術を習得してきている人もいます。
個性があって他人が理解しづらいということは必ずしもデメリットではなく、万が一に開発中のソースコードが外部に漏洩してしまった場合にも、解読されるリスクが低減するというメリットもあります。
しかし、プログラム開発においては1人でしか携わりにくいのが事実であり、複数人で行う場合には誰もが理解できるコーディングが望まれるのです。

こういった観点から、個人での開発を重視する開発現場からの求人募集には、個性あるコーディングが行える人材に適性があります。
正規雇用やフリーエンジニアに多いものです。
一方で、チームプロジェクトを組んだり、人員の入れ替わりが多かったりする現場においては、わかりやすいコーディングが行える人材に適性が高く、派遣社員には必須となる能力となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です